医療法人社団 日鉱記念病院
HOME>Drからのお知らせ>腎臓内科について

腎臓内科について

(塚原常道先生)

 末期腎不全のため血液透析を行っている患者さんは、年々増加しています。  また最近、その予備群である慢性腎臓病(CKD)が注目され、腎疾患の診療の重要性が今までになく問われています。  慢性腎臓病は、心血管疾患や死亡のリスクとなる状態です。
 当院において対象としている疾患は、原発性糸球体疾患(慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群など)、続発性糸球体疾患(糖尿病性腎症、腎硬化症、ループス腎炎など)、  慢性腎臓病(CKD)や保存期慢性腎不全(血液透析などを行っていない段階の腎不全)などです。  併せて、糖尿病やメタボリック症候群、痛風などの代謝性疾患、高血圧症、腎病変を中心とした膠原病なども専門的に診療しています。
 腎疾患の正確な診断のために、腎生検による組織診断を行い、詳細な病態の把握と治療方針の決定を行っています。
 また、腎不全が進行し血液透析などが必要な場合は、近隣の病院との連携を行っています。


 以下のような場合に腎臓内科の受診をお勧めいたします。


 腎疾患は慢性疾患が多く、また、特殊な薬剤も使用します。病状や治療方針に関して、常に患者さんと対話しながら、最善となる治療を模索していきます。

前の画面に戻る
医療法人社団日鉱記念病院 記載内容の無断転用を禁ず