医療法人社団 日鉱記念病院
HOME>Drからのお知らせ>糖尿病診療について

糖尿病診療について

(塚原常道先生)

  平成19年の国民健康・栄養調査によると、全国で糖尿病が強く疑われる人は約890万人、糖尿病の可能性が 否定できない人は約1,320万人で、合わせて約2,210万人と推定されています。付け加えて、糖尿病が強く 疑われる人の治療状況では、「ほとんど治療を受けたことがない」と回答した人が依然として約4割にものぼることが分かりました。 このように、糖尿病人口は年々驚異的に増加していますが、決して十分な治療が行われているとはいえません。
  糖尿病はインスリンというホルモンの作用不足による慢性の高血糖状態が特徴です。高血糖の持続は口渇や多飲、多尿、体重減少、 疲労感などの症状を起こしますが、それ以外は自覚症状に乏しいものです。しかし、慢性的に続く高血糖は 全身の動脈硬化症疾患、腎障害、網膜障害、神経障害など多くの重大な合併症を引き起こします。このため 糖尿病診療では、より早期からの厳格な血糖のコントロールと合併症の予防が重要と考えられています。
  当院では、初めて血糖の異常を指摘された患者さんの初期の外来治療から、糖尿病の合併症をもつ患者さん の入院加療までを一貫して診療しています。また、血糖のコントロールを目的とした入院だけでなく、糖尿病 について理解を深め、治療に役立てることを目的とした教育入院なども多数行っています。併せて、合併症の診療 として、糖尿病性腎障害の診療や動脈硬化性疾患の早期発見なども行っています。食事療法は糖尿病 の診療で極めて重要ですが、当院では徹底した食事療法の実践を目指し、管理栄養士による細やかな栄養指導を行っています。 また糖尿病では、患者さんご自身が正確に病状を把握することが極めて重要です。当院では患者さんが病状や治療方針を十分 に把握し、ご理解をいただけるよう、日々心がけて診療しています。

前の画面に戻る
医療法人社団日鉱記念病院 記載内容の無断転用を禁ず