医療法人社団 日鉱記念病院
HOME>病院概要>沿革

沿革

明治38年 12月 日立鉱山設立 (創業者 久原房之助)
明治39年 2月 同鉱山附属診療所開設 (本山病院の前身)
明治40年 7月 大雄院診療所開設
明治43年 12月 本山病院を併設するとともに、大雄院診療所に内科、外科、眼科を置き大雄院病院となる
明治44年 9月 大雄院病院に歯科を増設
大正1年 10月 日立鉱山を久原鉱業株式会社として新発足
大正5年 12月 大雄院病院に産婦人科を増設 県下随一の総合病院となる
昭和2年 12月 大雄院病院に耳鼻科を増設
昭和3年 12月 久原鉱業株式会社から日本産業株式会社へ改称
昭和4年 4月 鉱業部門を分離して日本鉱業株式会社を設立
昭和12年 5月 大雄院病院に看護婦養成所を創設(茨城県第1号)
昭和32年 8月 大雄院病院と本山病院を統合し、独立(一本化二院制)させる
日本鉱業株式会社中央病院と改称
昭和32年 10月 総合病院の資格認可を受ける
昭和36年 1月 労働衛生室設置
昭和42年 9月 本山病院廃止 (大雄院病院への一本化一院制)
昭和51年 6月 日鉱日立病院の発足、開院(114床)
昭和55年 8月 新病院設立準備委員会の発足
昭和56年 2月 医療法人社団 日鉱記念病院の設立認可
昭和56年 3月 同病院建設着工
昭和56年 12月 同病院竣工
昭和57年 1月 同病院 新築移転開院(114床)
平成5年 3月 新館増築完成
平成13年 1月 療養病床(18床)併設に伴い一般病床を変更(88床) 計106床となる
平成19年 3月 国税庁長官より特定医療法人の承認を受ける
平成19年 7月 療養病床18床より10床に変更、一般病床と合わせて計98床となる
前の画面に戻る
医療法人社団日鉱記念病院 記載内容の無断転用を禁ず